2017-05-28

西湖明珠(杭州の伝説)

  西湖明珠  
(杭州の伝説)  



天河の岸辺。
玉龍と金鳳の2匹は大喜びです。

「できた、とうとうできた、僕らの玉だ」

「スゴイわ、この玉すごく光るね」

「玉の光で樹が繁りはじめたよ」

「花もいっぱい咲き始めたわ」

玉龍は天河の東岸にある石窟に棲んでいます。
金鳳は天河の西岸にある森林に棲んでいます。

ある日、2匹は天河の仙島で玉の原石を見つけました。
それ以来2匹はいっしょに玉を磨き続けたのです。
毎日毎日、何年も何年もかかって、石は遂に真球になりました。

金鳳は舞いながら仙山の露を滴らせ、玉龍は天河の清水を噴きかけます。

玉が光り輝きはじめました。

樹木にその光芒が差すと、青々と葉が繁り枯れるということがありません。
野原にその光芒が差すと、一斉に花開き百花繚乱。

山紫水明、五穀豊穣。

2匹はいつまでもウットリと見惚れつづけています。
もう2匹は自分たちの棲みかに帰ろうとはしませんでした。
玉を護るように仙島に棲みついたのです。
金鳳と玉龍は、いつか互いを愛しむようになったのでした。


「あの煌きは何かしら?」

玉の閃光を西王母に見られてしまいました。
金鳳と玉龍ごときがあんな玉を持ってるなんて、西王母には許せません。

夜半、西王母は天兵を遣ってこっそり玉を奪ってしまいました。
そして玉は誰にも見られないように仕舞いこんでしまいました。
この時、西王母は玉の光が漏れないように、9重の箱に鍵も全部つけて鎖で縛ったといいます。

翌朝、玉がないことに気付いた金鳳と玉龍。
探しても探しても見つかりません。
天河の底も、仙山の隅々までも探しました。
でも見つかりません。

2匹は探しつづけます。
おそらくは、この2匹は互いのために玉を見つけ出そうとしたのでしょう。


そして今日は三月の三日、西王母の誕生日です。
西王母は大変に古い神さまで、お誕生日には盛大なパーティーが開催されます。
このパーティーを蟠桃会(ばんとうかい)といいます。

「生日快楽」

(注:お誕生日おめでとー。で、何万歳になったんですか?)

数多(あまた)の神仙どもが仙宮へお祝いにやってきます。
蟠桃(ばんとう)を振る舞い美酒に酔うにつれ、例の玉を見せびらかしたくなった西王母。
御自ら箱を取り出し、鍵を解き始めました。


透明な光。
パーティー会場のなかのすべてのモノが輝き始めました。
会場の真ん中に引き出された玉。
金のお盆に端座しています。

玉の光で全てが輝き、その輝きを受けてますます光る玉。
輝きの連鎖反応、神仙どもは声もありません。
有頂天の西王母。

「天上を探したらある、地上を尋ねたら見つかる
 というような代物ではありませんよ
 もう、天上天下唯我独尊
 さあ見てください、わたしの玉」

「 それは、ボクたちのだ 」

「 そうよ、ワタシたちの玉よ 」

金鳳と玉龍。
仙宮から漏れ出る玉の輝きを金鳳がみつけ、2匹がやってきたのです。
西王母は、玉龍と金鳳を張り倒しざま、

「デタラメこいてんじゃないよ
 私は玉皇大帝の女房だよ
 天上の宝物はぜんぶ私のなんだよ!」

「 ちがうよ、ボクたちが毎日毎日何年も磨き上げて作った玉だ。天上のモノじゃないっ」

なんだか分が悪い西王母、金盆に手をのばしながら天兵に、

「 玉龍と金鳳を放り出せ 」

話しにならない、玉龍と金鳳も玉を奪い返そうと金盆にとびかかる。
ゆれる金盆。

仙宮に満ちていた光が消え、
玉が地上に転がり落ちていきます。

すかさず後を追う玉龍と金鳳。
ゆっくりと、輝きながら落ちていく玉。

後を追う龍と鳳。
ゆっくりと、なのに追いつかない。

落ちるにつれ、地上の山々が青く輝き始めました。
青い輝きを受け、玉は碧(みどり)に光り始めます。
龍と鳳も蒼く染まってきました。

碧の光が一際大きく広がり、
碧の真珠、杭州西湖になりました。

そして金鳳と玉龍は山となって今も西湖の傍らに静かに佇み、杭州の古老は謡います。

西湖明珠從天降
龍飛鳳舞到銭塘

 【メモ】西湖明珠(杭州の伝説)

直感で評価⇒